スタッフより​

11月のワンポイントアドバイス


★11月14日は世界糖尿病デー★

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定しました。11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。

世界の糖尿病の人口は爆発的に増え続けており、わが日本でも40歳以上の4人に1人は糖尿病を発症しているかその予備軍です。糖尿病の恐さは重症化するまで殆ど自覚症状がなく気づいた時には様々な合併症が進行し、これまでの生活が送れなくなる事もあります。先ずは日頃の食習慣や生活習慣を見直し特定健診や健康診断で自分の健康状態を再度確認し、もし異常があれば早めに医療機関を受診する事をお勧めします。