スタッフより​

10月のワンポイントアドバイス


10月8日は糖を測る日

血糖の働きをもう一度確認しより良い血糖コントロールを目指しましょう。

血糖コントロールは今更言うまでもありませんが、各種の慢性合併症、急性合併症を防ぎ健常者となんら変わらない生活を送るために必要です。

まずは、自分の血糖値とその1日の変動の傾向をしっかり把握することです。自己測定を行っている方は血糖の動きを把握していると思いますが、そうでない人も通院時示されるHbA1cの数値とこれまでの変化の傾向から血糖コントロールの状況を振り返ってみることが大切です。

血糖コントロールの基礎は、食事と運動、そして薬物療法です。医師や医療スタッフの指導のもと、血糖コントロールの基礎知識を振り返り、血糖値が目標値内に収まるような療養生活、生活習慣を身につけましょう。